WHO鍼の適応について

はりきゅう治療の適応となる49疾患
WHO(世界保健機関)の見解 1996年

○上気道疾患:慢性副鼻腔炎
○呼吸器系疾患症状:扁桃摘出後疼痛、急性扁桃 炎、咽頭炎、喉頭炎、気管支喘息
○眼の疾患:近視
○口腔の疾患・症状:抜歯疼痛
○内科疾患・症状:下痢、過敏性腸症候群、便秘、腎石疼痛、胆石、胆石疝痛、胆道回虫症、胆道ジオキネジー、狭心症を伴う虚血性心疾患、高血圧、低血圧、不整脈、白血球減少症
○神経学的及び筋・骨格系疾患・症状:上顆炎(テニス肘)、頚部筋筋膜炎、頚椎炎、上腕肩甲関節周囲炎(肩関節周囲炎)、慢性関節リウマチ、変形性膝関節症、捻挫と打撲、頭痛、片頭痛、緊張性頭痛、坐骨神経痛、腰痛、ヘルペス後神経痛、三叉神経痛、遺尿症、尿失禁、尿閉、メニエール症候群、神経循環性無力症
○その他の疾患・症状:月経困難症、分娩の誘発、月経異常、女性不妊、男性不妊、インポテンス、肥満、片麻痺、うつ病、アルコール中毒、薬物中毒、術後疼痛

powered by crayon(クレヨン)